① 3Dツアー編集ページで「オブジェクト」タブをクリックします。(写真1参照)

②右側の画面を3Dオブジェクトを置きたい位置に合わせて調整した後、左側のメニューから追加したいオブジェクトをクリックします。(写真1参照)


<写真1>



  • 「Box」の追加:箱アイコンをクリックしまて四角のオブジェクトを追加します。画面の右側にある「属性」からオブジェクトの「タイトル」、「広さ」、「高さ」、「厚さ」、「色」、「透明度」等を調整します。その他「属性」のメニュは以下のようです。(写真2参照)

    • 「曇りガラス」:オブジェクトを半透明に泡らします。

    • 「計測の表示」:オブジェクトの「広さ」、「高さ」、「厚さ」を表します。

    • 「角表示」:オブジェクトの枠を線で表示します。

    • 「位置固定」:オブジェクトをクリックする時に調整させた位置や方向等が動かないよう固定させます。同機能は編集中の間違いを避ける為の機能であり、設定可否とは別にプレイヤー上のオブジェクトは固定されます。


<写真2>


  • 「フレーム」の追加:フレームアイコンをクリックして、写真フィアルを入れれるフレームを追加します。右側の「属性」からフレームの「タイトル」、「広さ」、「高さ」、「厚さ」、「ボーダーラインの太さ」、「色」、「透明度」を調整出来ます。写真はファイルライブラリから呼び込むか、新しいイメージをアップロードする事で活用出来ます。(写真3参照)


<写真3>


  • 3Dテキストの追加:テキストアイコンをクリックして立体感のあるテキストを追加します。右側の「属性」では「タイトル」、「内容」、「高さ」、「厚さ」、「色」、「透明度」、「フォント」を調整出来ます。

(写真4参照)


<写真4>


  • 「プッシュピン」の追加:押しピンアイコンをクリックして、ツアー内のオブジェクト等に対する注釈を追加します。右側の「属性」では「名前」、「タイトル」、「内容」、「広さ」、「色」、「透明度」を記入及び調整出来ます。「内容」には他コンテンツへのハイパーリンク(写真5参照)も追加出来ます。その他に設定出来る内容は以下のようです。


<写真5>


  • 「位置固定」:プッシュピンの位置が動かないように固定させます。

  • 「引き出し線を表す」:プッシュピンの指示線を表示します。

  • 「ヘッドポイント選択可能」:指示線が指すポイントの位置を調整します。


③変更した内容は画面の右上の「保存」をクリックしてセーブします。